Calendar << April 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Profile
Latest Entry
Recommend
Recommend
Links
Search
Category
Archives
Admin
Mobile

ワールド・ビートのプログラム

今秋「ワールド・ビート」10/11、日比谷野音決定!
スタッフ・ベンダ・ビリリを迎え、「今年はアフリカをやるぞ!」っということで、今、プログラミングをしています。

英国のジャスティン・アダムスとガンビアのジュルデ・カマラによるデュオ・ユニット(3人編成)と交渉中。
ジャスティンはロバート・プラント・バンドのギターリストとして活躍し、砂漠のブルース・バンド「ティナリワン」のプロデューサーであり、ブライアン・イーノやピーター・ガブリエルとも交流があるシャープなミュージシャン。ジュルデ・カマラ(歌と1弦民族楽器:リティ)とのユニットのアルバムは2007年度のBBC放送ワールド・ミュージックアワードを受賞するなど、注目のグループなのです。
1弦楽器というと、ビリリの最年少メンバー、ロジェを思い出します。
ロジェは幼少のころ、アフリカの1弦の民族楽器を真似て、空き缶に1弦を張った楽器を手作りし、遊んでいたんだという。ジュルデーの楽器リティも知っているのだろうか。
空き缶一弦楽器を路上で弾いていたロジェは14歳のころ、ビリリのリーダーのリッキーにスカウトされ、現在19歳。ビリリのメンバーとして1弦空き缶大活躍というわけです。

このジュルデの1弦民族楽器とロジェの空き缶楽器がフェスで出会うのは、楽しみです。


ジュルデ・カマラ Juldeh Camara


ロジェの手作り空き缶一弦

シンク・オブ・ワンのダヴィッド、新バンド

シンク・オブ・ワンのダヴィッドのパートナー、アレ(ブラジル人で元ツアーやマネージャーをやっていた人)から「このクリップ、どう?」とメールがきた。



シンク・オブ・ワンの活動をストップし、新たにプロジェクトをはじめたダヴィッドの新バンドのようです!
バカですねえ、パンクでファニーなことやってますね、ダヴィッドは!
バンド名は「S.W.A.N.」。
どういう意味?
「S.W.A.N.というのは頭文字で、これがどういう意味になるか、友達とゲームしてはめてるのよ」
「Sometimes We Are Nobody
 Sex With Alliens National
 だけど、まだ、バッチリなのがでてないの、一緒にやらない?」
ということです。
この撮影はダヴィッドやアレが住むアントワープ付近の小さな凍った湖の、立ち入り禁止の危険な場所でゲリラ的に撮影したらしい。「警察に 見つからないよう、氷の裂け目に落ちないよう、大慌てで撮影したけど、うまくいってね」とアレ。
遊びが大好きで、それをバカみたいに一生懸命やる、ダヴィッドたち!
バンドはコンゴのドラマー(Alonzo :130Kgの巨漢らしい。)、Ben Brunin、Eric Bribosia (KBD) (彼は片手で演奏する、もう片方は別になにもやることがないんだけどね、と注付き)そして、Ale (自称、踊ったりうなったりで、観客をかき回す役目)だそう。

「もう12曲あるのよ、日本に行って演奏できる?」ですって。
ブラジル人はファンキーで面白い。CD、出来たのかな。

アラビア語、ヘブライ語、フラマン語でのメッセージ

WBパーティ

シンクオブワンからフラマン語で、モロッコのミュージシャンからアラビア語で、そして、バルカンビートボックスからユダヤのヘブライ語で、それぞれ、メッセージが来ました。
それぞれ、今月の「ワールドビート」での来日公演は大変楽しかった、日本は素晴らしかったというようなことを書いてくれているようです、、、。
どなたか、訳せる方がいらっしゃいましたら、お助けを。
それにしても、全く、読めませんねえ(笑)。
日常言語が英語じゃない人たち、実は多くの国がそうなんですよね、言語は民族であり、文化であり、歌であり、自分ですね。
イスラエルのBBBもベルギーのシンクオブワンも日本語に大変な興味を示し、自分の名前を漢字に、と鞄を差し出したり、腕に、Tシャツに、と書をお願いされました。嬉しいものです。
グローバルな言語、英語はコミュニケイションに便利ですが、それぞれの言語にリスペクトするのが本来ですね。

バルカン・ビート・ボックスのメッセージ
BBBメッセージ

キャンピング・シャアビのメッセージ
モロッコメッセージ

シンク・オブ・ワンのメッセージ
TOOメッセージ

ワールドビートの舞台裏

終わった〜!ちょっぴり悲しいけれど、寂しいけれど、ワールドビートが無事、7/9のシンクオブワンのデュオ公演をもって終了しました。
TOOも力の限り、贅沢なパフォーマンスを見せつけてくれました!

今回のフェス、NY、イスラエル、モロッコ、ベルギー&ジャパン打ち上げでメンバーと話していて、これは、スゴイことだった、と今更ながら、感じた。
TOOのダビッドに「モロッコの人たちにとって、イスラエルの人たちと旅し、公演するのはどうだったの?大丈夫だったの?」とそっと聞いてみた。
ダビッド「実はね、正直、ヒヤヒヤだった。単にフェスティバルで出会うというのと違って、ホテルも一緒、移動も楽屋も一緒、共演もするし、打ち上げも一緒、一緒にご飯を食べて飲むわけで、これはわけが違う。でも、彼らモロッコ連も、あのイスラエルの人たちはいいねえ、楽しいねえ、と言ってた、僕もほーっとした、これは画期的なことだよ。」と眉間にしわをよせたり笑ったり、デリケートな話をしてくれた。
(モロッコの人たちは敬虔なイスラム教徒で、豚肉は勿論口にせず、楽屋でも毎日決まった時刻に敷物を敷いてお祈りしてました)

その前日、BBBともそのアラブのことが話題になった。「僕らは近隣のアラブの国々にはどこにもいけないし、ミュージシャンとも共演なんてできない。僕らはアラブの国々にも行きたいし、いつか、音楽家たちと共演したいと願っている。モロッコのミュージシャンと日本で一緒だったのは意味深かった。」とトメールにタミール。

アラブとイスラエルの問題。
でも、音楽はコスモポリタン、国境も宗教も超えて、そこにポジティブな根源的な会話がある、と祈りたい。
BBBとシンクオブワンwith シャアビが双方、リスペクトし合っている様は素晴らしかったです。
ワールドビートが無事に終わって、お客さんからも出演者からも喜んでもらえて、ホントに良かったと感じています。

そして、打ち上げでそんなことをあれこれ話す中、親しいライターさんが「日比谷野音がとれなくても(*)、ワールドビート、次をやろうよ!楽しいからさ。」と。言葉が心に沁みました。

バルカン・ビート・ボックス

BBB

単独公演でたっぷり聴けたBBB。沢山聴けて満足。舞台の袖でぐいぐいと踊されました。イエーイ!みんなで叫んで、開場中みんなで踊りました。腰からきて、胸に刺さる超かっこいいバンド。

トメール

ヴォーカルのトメール。両親はイエメン出身。でもアラブの関係でイエメンにはもう入国できない。イスラエルで育ち、13年間喜劇の俳優を やっていたらしい。舞台で見せる技はさすが、です。バネの身体とリズム。アラブの中でも南アラブ、イエメンはスリムで黒くて、どこを旅していでもイエメン人はすぐにわかるんですって。ビート感が抜群ですね。
ドラムのタミール、お父さんが教会のパイプオルガンを弾いていた音楽家だった影響で、幼少のころはピアノを弾き、その後、バイオリンもやり、そしてドラム。これが気に入って以来ずっとドラムス。NYの自宅スタジオでずっと朝9時から夜中まで毎日毎日、サウンドをつくる日々だったらしい。今はイスラエル、テルアビブを自宅とし、しかし、世界中旅し、NYもしょっちゅう行き来している様子。アルバムは30枚以上プロデュースしているという。ある時、サックスのオリのアルバムをプロデュースしたのがきっかけで、この運命の出会い、タミールとオリのBBBが結成されたそうです。
突拍子も無くいいバンドです。
来年も帰って来てね。

さて、今夜はシンクオブワンの単独公演。じっくり聴きましょう。

モロッコ・パーティ

今日はモロッコ勢をフューチャーしたカフェ・ライブ・パーティ。
数十人でいっぱいのカフェに、とにかくギューギューに入って、アカペラのグナワの歌、パーカッション、手拍子、だけで、みなで大汗かいて盛り上がった。リアル・モロッコ。ネイティブ・モロッコ。
遠路はるばる日本まで来てくれたんだから、彼らにたっぷりと心おきなく、普段のモロッコ・ミュージックを聴かせてもらおう、という企画でした。
解説のサラームさん、お疲れさま。モロッコ衣装、いけてましたよ。
若い女性のお客さんが「岐阜から来ました、プランクトン・ファンなんです、昨日(日比谷野音)も今日も最高でした。ワールド・ビートのアーティストは知らなかったけど、プランクトンが薦めているので。」と顔を紅潮させて、話しかけてくれました。嬉しいなあ。ホント、嬉しい。
世の中、知らないこと、知らないアーティスト、知らない音楽、知らない映画、知らない国、知らないこと、だらけ、です。
でも、知らないものに出会って、自分が好きなものを見つけられた時、感動するだけじゃなく、自分の世界が広がりますよね。
それは素敵なことです。
届ける側は、自分の「顔」をもって、「魂」をこめて、「信じて」やるしかない。必ず、誰かに届いてゆく。
うちの会社のモットーです。
レストランと一緒で、作る側は、プロフェッショナルとして「センスと腕」を磨き、「愛情込めて」、、、、ね。
信頼されるように、精進します。

モロッコパーティ

ワールドビート

野音

日比谷野音に来てくださったみなさん、ありがとう---!
最高でしたね!
不破さんありがとう。常時盛り上げてくれた司会の清野さんありがとう。舞台監督のエビちゃん、モニターのかさいさん、サウンドプランの武田さん、楽器の松村さん、照明の森重さん・カサイさん、ケイタリング協力のみなさん、ありがとう!!共同主催のTV朝日Kさん、Tさん、inter FMさん、関わってくださった100人以上の方々、ありがとうございました。
そして、なにより、すばらしい観客の皆さんのおかげです。思い切り楽しんでくれてありがとう。あの場を共有できて、ほんとに嬉しかったです。
お天気も持ちました。夕方に予想されていた雷雨もなく大ラッキー、飛び跳ねてもOKの日比谷はいいですね。
一番目の渋さ、30分でサウンドチェックを仕上げ、壮絶なステージ!
触発されて続くTOOもBBBもいけーェ!!
TOOはモロッコを従えた独特の呪術的クールさ、BBBは圧巻のグルーブ感でノりましたねえ。
それに最後のセッションがまた、異常でした。
ステージに50人。どうやってPAのサウンドをつくるわけ?
サウンドの卓が3台、普通は1バンドにひとつずつ、でも、3バンド出ちゃった!出るしかない!
BBB、TOO、渋さのそれぞれのエンジニアが卓にへばりついて、サウンドをつくる、全部を混ぜて、2チャンネルスピーカーにおくらなきゃいけない。
3人のPAエンジニアが一斉に混ぜる、なんて、聞いたこと無い。
それだけでもすごいことなんです。
ステージのミュージシャンにはモニターがない、他の人が何を演奏しているのか、全く聴こえない。だって人数が楽器が多いんだからねでもOK! こんなセッション、ありえない! ステージのリハなしで。
ミュージシャンも最高にハッピーで気持ちいい一日でした。
みなさん、ありがとう!!
面白かった!
今週火曜も水曜も遊びに来てね。

シンクオブワン

シンクオブワン@大阪

大阪、成功!盛り上がりました。
ZazenもBBBもTOO(Think Of One)もそれぞれのバンドのパワー、爆発です。
ラブリーホールでは考えられないような、オールスタンディングで、いつもの警備の方々が焦ってました。ごめんなさい。

例のモロッコ・ミュージシャンが無事日本に来れたのはほぼ奇跡的。
どうして奇跡的なのかは、今度、また落ち着いてから。
いいですよ、この人たちは。カビールは面白いひとで、人だけ着いて、ニモツはやっぱ行方不明(舞台衣装と楽器が入っていて、大阪には間に合わなかった。あす、というか、今日の日比谷に間に合うかどうか、、、)でも終止、ニコニコ。ステージでも盛り上げまくり。衣装のために、間に合わせのアラビック風の布を用意したら、夜中に自分で縫ってかぶりの立派なコステュームに作ってきました。
音楽もカラフルですが、いろんな言葉が飛び交って楽屋もカラフルです。
アラビア語しか喋らないモロッコ人たちがいて、BBBは一人を除いて全員イスラエル人なのでヘブライ語で喋ってます、そして、ベルギーアントワープチームはオランダよりのフラマン語、時にフランス語、そして、みんなで話すときは英語、と言った具合。

BBBもかっこいい飛び跳ねバンドです。
明日、楽しみましょう!

飛行機ではいつも苦戦

日曜日のお天気が曇りか晴れだということで、やったね!と盛り上がっていたら、今朝、シンク・オブ・ワンのモロッコ・ミュージシャンがモロッコはでたものの、経由地で足止めとなり、飛行機がいっぱいで次のにも乗れない!という連絡あった!
あッラー!神様!ですよ、全く。その日中に乗れないとベルギー組と合流できず、従って、日本でのリハにも間に合わず、、、。
BBBの第一班は着いたけれど、いまだ荷物は着かず、、だし。
とにかく、まずは「ひと」が到着しないと。
次に「楽器」がこないと。
飛行機を買い直してでも、まずは来てもらわなきゃ、しょうがない。
公演の曲目がどうした、共演をどうする、アンコールはどうする、はたまた、弁当どうする、な〜んて言ってる場合じゃないです。
(と言いながら今日はMCのだんどりと内容をようやく考えましたが。日比谷のMCの清野さん、頑張ってね。)
BBBの連中は5便くらいに別れて到着します。
イスラエル、ニューヨーク、イタリア、スイス、フランスからだっけな?何がなんだか。
モロッコも無事、到着しますように!
明日から大阪です。
スタッフ、早朝から関空張り付き迎え。

バルカン・ビート・ボックス第一陣早くも到着

会社内はそうとう混乱。
ところ狭しと物が到着。公演前はいつも散らかるのですが、CDやらチラシやら、舞台道具にケイタリングなど、わんさと物がふえます。
日比谷野音のWORLD Beat の消防申請、舞台のセッティングに転換、幕や看板、やれ、弁当どうするか(一回100食以上。出演関係だけでも55名だもの)(ちなみにケイタリングではカレーを作ります)、渋さのカナダケベック行きの段取り、飛行機に保険、9月のアシャの日程組、ホテルや飛行機の予約、チョカリーアのチケット売り出し、ワークショップ・プラン、ハンバート・ハンバートの先行発売(先行分は売り切れました!)、とめまぐるしく、何に手をつけているのか、、といった状態をやっていると、本日、もう、バルカン・ビート・ボックスの先発メンバーが到着しました!
フロント・ヴォーカルのトメールとウリの相棒、タミール(ds)たち初来組。え、もう、着いた?京都で2日ほど見物。こちらは忙しくて誰も相手できない(笑)興奮気味に早く演奏したい!と電話がかかってきました。
しかし、今回のチームもやっぱ、楽器ケースがロス・バゲ。荷物は2日後、しかし公演には間に合って到着予定。ラッキー!毎回の冷や汗です。

さて、今回共演はどうなるのか。当日は3組の出演者のサウンド・チェックをするだけでも手一杯で、ほとんどリハができない状況のなか、さあーて。
渋さも翌日からカナダツアーで準備もあるところですが、しっかり残って共演参加をしてくれます。
楽しみですよ〜。

BBB

てるてる坊主

今週はさすがに疲れがでて、肩が石のようになり、首が回らず、歯がずきずき、ガタガタしてきた。
来日中、ほとんど眠らないんじゃないかと噂されたノン・ストップ豪傑チャボロのお供をし、続いて、O-eastの渋さ、Zazen Boys、そして、オーチャードで原田郁子さんの公演(原田さんらしく、愛くるしくナチュラルな浮遊感、センス良かった!)を見て、今週はバタリときました。
エミールは体力無くパス。2時間半のマッサージ。岩の肩をもんでくれる高齢の先生が汗だくだくで気の毒。
一息しなきゃ。来週に控えて。
今日は一日中雨で、各地で土砂崩れなど心配されてますね。天気予報によると、明日から持ち直し、今週日曜World Beatの野音日は「曇りのち晴れ」、ホント?
晴れると、嬉しいな。
てるてる坊主、作りましょ!

モロッコ・パーティを企画

ワールド・ビートに出演するシンク・オブ・ワン&キャンピング・シャアビはベルギーのミュージシャンとモロッコのミュージシャンからなりたっています。ご存知ですよね、そのモロッコのミュージシャンたち(ヴォーカル、パーカッション、ヴァイオリンなど)は結構なパーティ好きで、歌いだすと止まらないらしいのです。そんな彼らに楽しんでもらい、私たちもおおいにモロッコの音楽を満喫しよう、ということで、World Beat 関連企画としてシークレット「モロッコ・パーティ」を今週、企画しました!
シンク・オブ・ワンに知らせると大喜び。みんな、楽しみにしているようです。
日程はWorld Beat野音の翌日の7/7(月)、渋谷のバーにて。
PAも何もありませんが、アコースティックで聴くグナワの歌、これも聴きたいですよね。
詳細はニュースにてそのうち発表します。

モロッコ・ミュージシャン

ゆる〜い魅力

昨晩、日記を書き終えた頃、まさに鈴木敏夫さんからショートメールあり。
ドキッ!まさか鈴木さん、気配を気づいた?すごい勘。
でもよかった、昨日鈴木さんのことを「日本一せっかち」とか「ジゴク耳」とか書かなくて(笑)。

昨夜は「茶箱」(早稲田のライブ・ハウス)の不破大輔さん(渋さ知らズのリーダー)を訪ねる。ライブに気づくのが遅くて、駆けつけたとき、丁度、ライブが終わった。
いやあ、今日だと知らなくて、、、と出演の立花さん(サックス)に話したら、「僕も知らなかった。
今日昼間に不破さんから、今日何してる?空いてる?と電話をもらったんですよ、、、(笑)」演奏者は不破さんとファンテルさんと立花さんの3人。「え、不破さん、今日、ソロ、弾き語りでもやろうとしてたの?」「いやあ、オレも日にちを間違えちゃって、、」ゆる〜い。このゆる〜さが不破さん独特の魅力。
不破さん、7月の日比谷での「ワールド・ビート」をとっても楽しみにしてくれてるようです。BBBやシンク・オブ・ワンとの共演もあるし。特にモロッコのミュージシャンたちには注目してくれてるようです。

World Beat の計画、チラシ制作に没頭中!

「World Beat2008」
7月6日・日比谷野外音楽堂にて。
やっと、チラシを制作。
誤字誤植、山のようにありました。
まず、ミュージシャン名が、公演の日付が、会場の名前が、、、、
全部じゃないか!!!
色校もして、昨日かろうじて入校。

タイトル・ロゴは海老名敦さんに、デザインは沼野高明さんにやっていただいた。
沼野さんはサマー・ソニックのデザインなどやってる優秀なデザイナーさんで、事務所がうちの会社のほぼ隣でとっても便利。
World Beatのチラシは最初レンガの壁が背景だった。日比谷の高架線下のイメージだという。それもありで、クールなんだけど、もっと解放された感じ、野外での感じを、とのリクエストに応えて、楽しそうなイメージにしてくれました。
来週、みんなにDMで送ります。
チラシをご希望の方は会社へメールを。
沼野さんにはこのブログbarのアイコンも考えてもらおう。
来週当たり、うちのbarの看板も変わりますよ。乞うご期待。
さて、WB、今年も盛り上げるぞ。
どうしてこの3組になったのか、それは追々〜。
ワールドビート2008