Calendar << March 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Profile
Latest Entry
Recommend
Recommend
Links
Search
Category
Archives
Admin
Mobile

エミ・マイヤーの焼津公演

6/27、エミ・マイヤーの焼津公演、盛況に終えました。






ピアノの林正樹さんと。
エミチャン、メキメキ良くなって、私は超嬉しいのです!林さんのピアノもとても素敵でした。
voice trainingのemmeさんに感謝!!



サイン会も長蛇の列で、ぐるっと2階までいって、ホールの出口を越えてしまいました。

9月にスタンダードのアルバムが出ます。
そして、12月にはクアトロ3カ所ツアーです。
今からお楽しみに。
http://plankton.co.jp/emi/

エミ・マイヤー 日立公演

昨夜は日立シビックセンターでのエミ・マイヤーの公演。
ピアノの林正樹さんと。



Fly Me To the Moon, My Funny Valentine, Smile,などジャズ・スタンダードにとりくんでます。
今月は、日立、船橋、焼津とやりますが、お陰さまでどこも売り切れで好評です。
新アルバムは9月にリリース。
12月には東名阪とツアーします。

エミちゃん、快調なり!

http://plankton.co.jp/emi/

エミ・マイヤー、トヨタのCMの日本語ヴァージョン

スタジオで永井さんと。永井さんは5月のコンサートにも出演します。

本日はエミ・マイヤーがプリウスCM曲、On The Roadに日本語をつけ、録音しました。
永井聖一さん(相対性理論)が作詞協力してくれました。
そして、夕方には坂本龍一とジブリのプロデューサー鈴木さんとの映画音楽のトークショーを覗きに。終了後、楽屋にてエミ、教授にご挨拶をしました。





エミ・マイヤー初クアトロ

あったかいお客さんに囲まれていいコンサートになりました。
エミちゃんは前夜、夢を見たそうです。
コンサート当日の午後、サウンドチェックにすっかり遅れてしまって、リハーサルも開演時間も押して、その為、最終電車に乗るお客さんが次々席を立って半分空になって、、、、という夢。
いいですね、緊張感があって。
見に来てくれていたエゴラッピンのよっちゃんが「ういういしい!」と言葉を残してくれました。
エミちゃんの初ライブ、ういういしい成功を成し遂げました。
「登り坂を上って、人は強くなる!」エミちゃんの次作に入る曲のメッセージです。

今秋、日本語のアルバムを発売します。
それに先立って、夏にはフジロック、サンセット(九州)のフェスにも出演します。
応援してあげてね。


エミちゃん日比谷野外音楽堂

先週の日曜日は野音でスペースシャワーのイベントがあり、キャラバンとエミ・マイヤーが出演しました。
その模様はニュースエミ・マイヤーのページにて。
大きなステージでもリラックスしてエミちゃん、頑張りました。

下記は本番10分前のエミちゃん。
初めてのバンドとの演奏で、しかも、日比谷野外音楽堂でテレビの撮影が入った!というラッキーなデビュー!
メイクさんに来てもらおう、という案が前日に持ち上がった、けれど、メイクさんが駆けつけてくれたのは本番15~20分前。
間に合って良かった!!メイクさんありがとう。
(もう間に合わないかも、ということで、メイク道具を探しましたが、現場で働く女性達は誰も何も持ってませんでした!(笑)エミちゃんも。
本番の模様はスペースシャワーで7月に放映されます。お楽しみに。

土曜はハンバートハンバートのデュオでの公演、そして、月曜からヤエルナイムです。


お掃除〜ダビング

今日はあまりに積み重なった、会社のゴミの山を整理。
パンチやらポスター、チラシ、がトラックいっぱいに。これで2台目。
電話一本で、いつでも駆けつけてくれる粗大ゴミ回収のオジさん。
ご用命の折りは看板の通り0120-130337



夕方からエミちゃんの次作レコーディング。
高田漣さんがスティール・ギターなど、ダビングしてくれました。
エミちゃんの次のアルバムは、全編日本語です。いいですよ!
Shingo2さんが日本とアメリカを往復しながら、作ってます。


エミ・マイヤー・オフィシャル

エミ・マイヤーの日本語オフィシャルページ誕生
http://emimeyer.jp/

いよいよ、今月末のデビューCD発売にむけて、準備着々。
6/30@渋谷クアトロで初のソロ・ライヴ行うことも決定し、スペシャルゲストに高田漣さんが出演されます。連さんは有名なフォークシンガー・故高田渡さんの息子さん。スティール・ギターをはじめとするマルチ弦楽器奏者で、広域な分野で活躍する人気ミュージシャンです。どんな出会いになるか、楽しみです。




先月、LAのエリーシャン・パーク(Elysian Park)という公園でアーティスト写真撮影も行われ、ご覧のとおりお天気も良く素敵な写真が沢山撮れました。今月の「BARFOUT!」にも載ります。カメラマンはアメリカで活躍するJo Liuさんという女性カメラマン
(HPは http://www.joliuphotography.com
ところで、エミちゃんは丁寧に「お」をつけて「お写真」と言います。「お写真ができました。」と上品な日本語を使います。
日本人の母とアメリカ人の父のもと、京都に生まれ、シアトルに育ったという特殊な環境により、アメリカの自由な感性を持ちながらも、古き良き日本の美しい心情を携えているのです。「きれいな日本語を話しますね」と日本のライターにも褒められてました。
彼女のサイトにはダイアリー・ページもあります。覗いてみて下さい。
http://ameblo.jp/emimeyer

ニューフェイス

先週は木場公園での「ジンガロ」、ax で「デヴィッド・バーン」、
そして、今度、弊社でデビュー・アルバムをリリースする大型新人、エミ・マイヤーのインタビューと、忙しく楽しい一週間でした。

エミ・マイヤーさんのことは追々。
と言いつつ、エミさんはアメリカ人と日本人の両親のいわゆるハーフ。
アメリカで育ちほとんど日本で過ごしたことがないけれど、きれいな日本語を話します。
家庭の教育がちゃんとしていたんでしょうね。
4月にアルバムをリリース。歌、作詞作曲、ピアノをこなす音楽の才能も抜群ですが、すらっと背も高く容姿も抜群。
魅力のニュー・フェイス、お楽しみに。