Calendar << December 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Profile
Latest Entry
Recommend
Recommend
Links
Search
Category
Archives
Admin
Mobile

ケルクリを終えて

ケルティック・クリスマスが終わりました。
ご来場くださって皆様方、心からお礼を申し上げます。

いつも、コンサートは演奏者と観客と場がつくるものと感じ、そう信じています。
そうした場をつくることが私たちの使命です。
今年も3組の素晴らしい音楽家たちと温かい観客により、最高のケルティック・クリスマス公演を各地で行うことができました。思えば、今年が10回目、1回目が1998年でもう14年になるのですね。
よく続けてこれたものです。
支えてくれた皆様のお陰です。
会場で、金沢から東京に毎年ご夫婦で駆けつけてくれるというお客様にもお会いしました。
また、来年も楽しみにしてますよ、という沢山の励ましをロビーやアンケートでいただき、目頭が熱くなりました。

アンケートを少々紹介します。
カトリオーナ&クリス:繊細な音のひとつひとつが耳に心地よく、また、メリハリのある表現に引込まれた。2人だけとは思えない豊かな世界。
アヌーナ:異空間に飛ばされた。人間の声がこんなに優しくて、強くて、心に響くなんて、、。あまりの美しさに鳥肌が立った。
アルタン:家に帰ってきたような温かいアルタン。やはりサイコー!女神モレートを中心にした神話の世界のようだった。

ちょっと印象的だったのは
「来て良かった。本当に。最近、生きるのが辛くて、日々滅入るばかりだったのだか、少し回復した。ありがとう。」
と書いてくれた30代の男性。
実は私にはこのアンケートが一番胸に刺さりました。スピリットをとどけることができ、光栄に思います。
「ありがとう!」と音楽家たちも観客の方々も制作の私たちも感謝の気持ちを口々にし、心を開き分かち合える場、そういう場を作っていきたいです。

今年は特に初めてこういう音楽を聴いた、というお客様もたくさんいらっしゃいました。また、ワークショップも好評でした。
年に一回のケルトの祭典、今後も信頼にこたえ、良質の感動を生む音楽を届けるべく頑張ります。
さらにケルトに限らず、世界にはたくさんのいろんな音楽があります。
まだまだ聴いたこともない、未知の音楽を一緒にたくさん、体験しましょう!