Calendar << May 2011 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Profile
Latest Entry
Recommend
Recommend
Links
Search
Category
Archives
Admin
Mobile

板垣さんトーク

  • 2011.05.13 Friday
  • -
  •  
今週は野崎洋子さん主催の五十嵐正さんとのトーク@アップリンクと、板垣真理子さんXピーター・バラカンさんのトークと2つの集まりに参加しました。
野崎さんのイベントは5月末に来日するヴァルティナとアラマーイルマン・ヴァサラットを紹介するトーク。
板垣さんとピーターさんはアフリカン・ミュージックがテーマ。
どちらもゆる〜く和やかで、主催者の愛情が伝わる気持ちのよいトーク・ショーでした。

板垣さんの写真集「アフリカンビューティ」は素晴らしい写真ばかりです。日本の風景の中に、造形と発色のきれいな、あるいは存在感たっぷりのアフリカ女性がいるという、ちょっと一風変わった情景で、例えば満開の桜の木の下に能面を手にした美人の黒人女性といったぐあいで、どんなふうに撮影を設定したのか、今度きいてみたいものです。
板垣さんはキング・サニー・アデ(仏発ワールド.ミュージックの発端はこのミュージシャンです)に惹かれ、83年頃にナイジェリアを訪ねたのがきっかけで、その後現在まで10数回、アフリカの国々を訪ね、その都度2ヶ月は滞在するという。しかもキューバやブラジルにもしょっちゅう行ってるわけだから、地球の裏側(向こうから見ると日本が裏側)に気持ちは半分住んでるようなもんなのでしょうねえ。
サニー・アデからはじまり、フェラ・クティやパパ・ウェンバ、サリフ・ケイタなど王道もの、また、ピーターさんとともに、コラのトゥーマニ・ジャバテ、続いて、シソコ&セガールも紹介されました。
フクウェ・ザボーセの親指ピアノもコンゴの森のピグミーのポリフォニーも良かった。
トークの途中に、ピーターさんが僕は早寝早起き(4時半起き)なので、これにて失礼、と9時ごろ消えたのも、自然で良かった(笑)。
毎朝のInterFMのラジオ、ほんと、ご苦労様です。

この時の情報で知ったのですが、フェラ・クティの不屈の一生を綴ったミュージカル(一昨年ニューヨークで上映され評判になっていました)が、今度(たしか5月末とか)、NHKで放送されるそうです。前解説は板垣さん。アフロビートの元祖、帝王フェラ。20数人の妻がいたとか、黒人解放運動により、政府から弾圧され、自宅を焼かれたり、結果実母を亡くしたと、驚異の人生で、世界中の多くの音楽家に影響をあたえた伝説の人、フェラ。
これは見たい!要チェック。




バラケ・シソコ&ヴァンサン・セガール来日公演
5/31:アルカスSASEBO
6/3:兵庫県立芸術文化センター
6/5:所沢市民文化センター ミューズ
6/6:青山CAY