Calendar << August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Profile
Recommend
Recommend
Links
Search
Category
Archives
Admin
Mobile
<< ビリリ、ビッグバンドと。 | main | 清水靖晃@トリフォニーホール >>

ワールド・ビートのプログラム

今秋「ワールド・ビート」10/11、日比谷野音決定!
スタッフ・ベンダ・ビリリを迎え、「今年はアフリカをやるぞ!」っということで、今、プログラミングをしています。

英国のジャスティン・アダムスとガンビアのジュルデ・カマラによるデュオ・ユニット(3人編成)と交渉中。
ジャスティンはロバート・プラント・バンドのギターリストとして活躍し、砂漠のブルース・バンド「ティナリワン」のプロデューサーであり、ブライアン・イーノやピーター・ガブリエルとも交流があるシャープなミュージシャン。ジュルデ・カマラ(歌と1弦民族楽器:リティ)とのユニットのアルバムは2007年度のBBC放送ワールド・ミュージックアワードを受賞するなど、注目のグループなのです。
1弦楽器というと、ビリリの最年少メンバー、ロジェを思い出します。
ロジェは幼少のころ、アフリカの1弦の民族楽器を真似て、空き缶に1弦を張った楽器を手作りし、遊んでいたんだという。ジュルデーの楽器リティも知っているのだろうか。
空き缶一弦楽器を路上で弾いていたロジェは14歳のころ、ビリリのリーダーのリッキーにスカウトされ、現在19歳。ビリリのメンバーとして1弦空き缶大活躍というわけです。

このジュルデの1弦民族楽器とロジェの空き缶楽器がフェスで出会うのは、楽しみです。


ジュルデ・カマラ Juldeh Camara


ロジェの手作り空き缶一弦

この記事のトラックバックURL
トラックバック