Calendar << March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Profile
Recommend
Recommend
Links
Search
Category
Archives
Admin
Mobile
<< 美貌のクィーン・ハリシュくん | main | 海と土のイメージ >>

渋さ知らズのカナダ遠征

今年の7月に渋さ知らズ・オーケストラが初めてカナダ遠征をします!
「Festival d'ete de Quebec」
ケベック市最大の音楽フェスティバル「ケベックの夏フェス」から招かれたのです。
カナダ東部のケベック州の州都、ケベック市は町中が城壁に囲まれた城壁都市であり、北米でも最も古い歴史を持つ都市のひとつだそうでユネスコの世界遺産に「ケベック旧市街の歴史地区」として登録されている街だそうです。う〜ん、行ってみたい。
公用語がフランス語で、センスもオシャレ。いいですねえ。高い芸術性をほこる街のようですよ。

一昨年前に「World Beat」に出演したコノノNo1のマネージャーで私の悪友、ミッシェルが、彼のベルギー自宅てこのフェスティバルのスタッフと弊社スタッフを引き合わせてくれたのが縁でした。その後、渋さを気に入ったミッシェルはフェスティバルのプロデューサーに、とんでもなくクレージーな奴らがいるよ、と強力に売り込んでくれたのでした。
物好きのテレバシーです。

このフェスティバルは規模も大きく、約10日間に渡って昼から夜まで、、ストリートからクラブ、ホール、シアター、何千人、何万人の野外ステージまで、また、ロック、ポップ、ジャズ、ありとあらゆるジャンルから面白いプログラミングが組まれ、何十というグループが出演します。かつてキーラやタラフ・ドゥ・ハイドゥークスも出ました。
渋さ知らズ公演場所の参考に、ということで下記の写真が送られてきました。どこにどんなふうにステージが設置されるんでしょうね。
約一週間街のあちこちに出没するそうなのですが、いまだ、どこでやるのか、何回どんなふうにやるのかもまったくわかりませ〜ん(笑)。まず、これから飛行機をとったり準備が大変です。

不破さんもどんな風に演奏するのか気にしているようだけど、まあ、何がきても平気なようで、細かいことは聞いてきません。バンドが気にしているのは、自炊、飯炊きができるかどうか、ということ(笑)!どうだろ、、、。

渋さは7月6日に「World Beat」日比谷野音に出演し、翌日7日に一行30数名成田からカナダに飛び立ち、14日帰国予定。

ヨーロッパでは数々の冒険をし圧巻のステージをみせてきた渋さ、ケベックでは一体どういうことになるんでしょう。
城壁に登ってもいい、らしい。龍が空高く舞いそうですね。
あ、日比谷野音でも飛ばしてほしいなあ。
みなさん、日比谷野音に、カナダ前日の見送りに、渋さ旅立ち応援に、景気づけに、なんでもいいです、来てください!!!

ケベックの情報は今週、彼らのサイトでも発表になるそうです。そしたら、アドレスをお知らせします。そのニュースで、私たちもいつどこで演奏するのかわかるのかなあ、と心待ちしています、、、。

ケベック