Calendar << December 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Profile
Latest Entry
Recommend
Recommend
Links
Search
Category
Archives
Admin
Mobile

リアムのソロ・アルバム

9月にダブリンでミックス前のサウンドを聴かせてもらっていたリアム・オ・メンリィのソロ・アルバムが送られてきた。
素晴らしく深いソウル。
リアム、ここにあり。
全編、ほぼ、一人で演奏し、歌っている。ピアノの弾き語りのような作品。
1月に来日するスウェル・シーズンのヴォーカル、グレンとマルケタに励まされて、チェコ、プラハ(マルケタの出身地)のスタジオに何日か滞在し、その場で作詞作曲、ピアノを弾きながら即興で歌って作ったそうな。大体がオリジナル曲。2、3曲トラディショナルが含まれる。グレンとマルケタがコーラスで何曲かに参加している。
とっても気持ちよく、自然に歌がでてきたんだと語っていた。すごい才能です。
リアムはそういう、スポンテイニャスな、インテリだけど頭で考えないアーティストなのです。

そういえば、スウェル・シーズンの全米ツアーに、リアムとキーラのローナンの2人がオープニング・アクトとして誘われ出演した時の話が面白かった。連日、2000人級の大ホールでの演奏。普通ならちゃんと曲目リストを作り、準備するわけだけれど、この2人はそんな窮屈なことはしない。毎日、何を歌うか決めずに、開演時間になるとステージに出る。ステージ中央で両手広げて空気をたっぷり吸い、会場や観客をゆっくり見渡し、天井を見上げ、やがてその時感じた気持ちででてきた歌を歌い始めるのだという。リアムが歌いだすとローナンがついてくる。隔日、交互に歌い始めたそうな。いかにもリアムとローナンらしい。

リアムのソロ・アルバムに戻って、一曲だけ、マリの音楽っぽいサウンドの曲がある。コラが聴こえる。コラは太鼓に弦を張ったハープのような楽器で、リアムはここ何年か、マリの砂漠のフェスティバルに出演し、コラの第一人者トゥーマニ・ジャバテと共演したと聞いていたが、彼から学んだのでしょうね。リアムはハープも弾くし、ピアノもギターもボーランもディジリドゥもこなすけど、今はコラに凝ってるのかも。家の中にも楽器がごろごろしてたっけな。
とにかく、素晴らしい。リアム100%の歌い上げたアルバム。
来年、日本盤をリリースします!何度聴いても聴き惚れます。

リアム
写真は、今年9月にリアムの自宅を訪れたときのもの。

ハウゴー&ホイロップがやってきた

毎日、仕事のメニュー、楽しいメニューがてんこもり。
ハンバートハンバートの世田谷パブリックシアターが夢のように過ぎ去り(幻想的な舞台でした、2人の歌は絶品)、続いてダーヴィッシュにステップダンサーたちが来日し、本日、ハウゴー&ホイロップが元気に登場しました。
写真は渋谷のストリートで、リンゴを手にご機嫌の2人。リンゴはデンマークでも一番人気の果物で、ハラールは毎日朝食で食べているそうです。
明日は相模大野グリーンホール。
彼らデュオが聴ける最後のチャンスです。自ら、実は解散するのは惜しいほど今が最高の演奏なんだ、でも、解散しないとどんどんデュオの公演リクエストが入ってくるし、、、と。最後の公演を日本でやれて、本当に嬉しい、と何度も語ってました。家族のような2人の強い絆は永遠
に続くでしょう。
彼らの初のDVD(日本語つき)が公演会場で発売されます。
この機会に入手を!



ハウゴー&ホイロップに会いにきてね。

12月にケルクリで来日するハウゴー&ホイロップより、メッセージが届きました。

「日本の聴衆の皆さんはいつも素晴らしく、私たちにとって特別な存在です。
文化の違いを超えて、常に、私たちを大歓迎してくれます。
今回デュオでの最後の活動を日本で終えることを誇りに思います。
日本で最高の音楽体験を持てました。
もうすぐ皆さんにお会いできることを大変楽しみにしております。」


"Our wonderful Japanese audience has always been very something very special for us. In spite of our cultural differences, we have always felt extremely welcome in Japan, more than any other place in the world, and we are very happy and honored that we can finish our work together by performing in Japan. We have had some of our best musical experiences in Japan, and we are very much looking forward to see you all again."

10周年を機にそれぞれの活動に旅立つハウゴー&ホイロップ、最後のデュオのツアーが日本公演となったわけです。
過去、4回来日。有終の美を日本で飾ることになったハウゴー&ホイロップに会いにきてください。


最新作にしてラストアルバム「トラヴェリング」(CD+DVD=2枚組)