Calendar << August 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Profile
Latest Entry
Recommend
Recommend
Links
Search
Category
Archives
Admin
Mobile

ビリリの車いす第一号は「カツオ」車!?


9月〜10月のビリリ来日公演の準備真っ最中。
その一つは「車いす」。
彼らのキンシャサでの車いすは廃品からつくった手作りの鉄製で、重いし、たためないし、飛行機には到底無理です。
ヨーロッパでもフツーの車いす使用ということで、日本ツアー用にもフツーの車いすを入手した。
それを自由にデコレーションしてみるのはどうかというアイデアがイワキのアリオスホールのM嬢から提案され、それは面白い、是非やりたいといくつかの会場が名乗り出た。
本日、ビリリ車第一号、静岡県の焼津市民センターより突如到着!
驚きましたよ。
「カツオ」車じゃありませんか!!



焼津と言えば「カツオ」。
ここの館長さんやスタッフ、郷土愛が深くて、ノリがいいんですよ(笑)。
ビリリ号の腕にはぱっくり口があいた「カツオ」、車輪が動けばくるくる「かつお」も跳ねる。
かわいいのが出来ましたね。さすがあ、焼津!

ビリリの映画監督来日

ビリリの映画監督来日
辛いときはビリリのメンバーに励まされた!

『ベンダ・ビリリ!』のルノー&フローラン監督が先月来日し、3日間フルに取材をこなした。8月中旬すぎより、雑誌や新聞に続々記事が紹介される。
凄いパワーの監督たち。
日曜に到着し、木曜に帰るまで、ほどんど寝なかった。毎晩、翌朝日が昇るまで呑んでいた。その後、シャワーを浴びて、ラジオの出演に雑誌の取材。通訳が訳す暇ないくらい、喋りづくして、まあ、よく喋る。それに話がとっても面白く、ジャーナリストたちも皆エンジョイ。ニコニコ、げらげら笑いながらの取材だった。夜は、また街に繰り出し、また、翌朝に〜という始末。最後の取材が終わった時にはぐらぐら、ふらふら、妄想幻想状態。
日本には初来日で、大変楽しみにしていて、楽しくてしょうがないという興奮状態だったのだ。アドレナリンでまくりのパワーのある人たちだった。
ビリリとは2004年に路上で出会って、夢を追って5年間撮り続けた。最初はレコードを作ろうとするが、みんなが集まれなかったり、録音がうまくいかなかったり、大火事ですべてを消失してしまったりと災難に見舞われ、何度も頓挫。その都度、パリに帰り、友人たちから借金し、資金をつくってはキンシャサに戻る、その度に貧乏になっていった、最後は監督2人もビリリたちと一緒に路上で生活、それでも映画を取り続けた、という。くじけそうになった時は、ビリリのメンバーに励まされた!と。
いい話ですね。
監督のエピソード、どれも面白い。記事を楽しみに。



映画『ベンダ・ビリリ!』の詳細はこちら

アウエイでの演奏

渋さ知らズの7月3週間のヨーロッパ遠征が無事に、大成功に終わった。海外に出る度にひと回り大きく強く変貌する渋さ。今度は9月19日の野音に登場です。

今週はモリアーティが来日し、フジロック4回出演とエゴラッピンとのクアトロ公演を終えた。
明日の大阪では大阪城音楽堂でのエゴの公演にモリアーティがゲスト出演する。
そもそも、モリアーティを気に入ったEgo-Wrappin'のよしえさんと森さんがテレビ出演の際モリアーティを紹介してくれたのがきっかけ。
日本のバンドと共演したり友達になりたいというモリアーティの希望が叶い、今回の共演ツアーが実現した。
すっかり仲良しになった両バンド。いつか、フランスでも共演できるといいなと盛り上がってます。音楽家同士が尊敬しあって、リアルな友情の気持ちがベースになったプロジェクトが生まれることは嬉しい限りです。







日本のミュージシャンが海外にどんどん出ていく機会が増えればいいです。ファンがいるわけでもない、文化も全く違うアウエイで演奏することは得難い経験でしょう。
海外の公演を実現させるのは容易ではないですが、優秀なミュージシャンたちにはそんなお手伝いができればと思ってます。