Calendar << September 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Profile
Latest Entry
Recommend
Recommend
Links
Search
Category
Archives
Admin
Mobile

ベンダ・ビリリ初日!

ビリリの初日、ビリリは完璧なステージを披露した。
えずこのホールが歓喜の渦に包まれた。えずこのお客さんもスタッフもは温かく、優しく、熱く迎えてくれました。
日本でやれて良かった。
彼らの「ポリオ」の曲を聴きながら、涙が出ました。多くの人が感動で泣きました。ビリリの演奏は最高です。







今回、ステージにタイトルと若干の歌詞を映写するという試みを行っています。
歌詞はリンガラ語なのですが、彼らのメッセージを少しでも伝えたくて。弊社の社員が舞台袖から投射しています。
ステージのデコレーション、グリーン、黄、赤の幕も弊社の女性が縫製したものです。
ロビーにはメンバーがキンシャサから段ボール箱に入れて持ってきた手作りのビリリ人形を販売しています。ハンディキャップの仲間がつくったそうです。
楽器は勿論、何から何まで手作り。みなさんにビリリの、そして私たちの気持ちが伝わりますように。


スタッフ・ベンダ・ビリリが来日した。

スタッフ・ベンダ・ビリリがコンゴ,キンシャサから遂に来日した。



ようやく、来日できた。
長かったー。
2007年に彼らのことを知り、翌2009年春にCDを日本でも発売し、その頃から来日ツアーのプランをしてきた。
このグループの生きるエネルギーとそこから生まれる最高の音楽を、日本中に届けたい!
きっと、心にとどくはず、と信じて。
あの屈託のないひとなつっこい満面の笑顔が日本にふりまくパワー。
爆発する音楽。
ベンダ・ビリリに触れてください!!!!

ア・フィレッタ〜ハラール・ハウゴーの公演

ようやく秋になりました。

毎日が秒刻みで過ぎていく。

先々週の「ア・フィレッタ」は圧倒的に素晴らしく、佐渡の公演、ツアー3回、オーチャードでのダンスとのコラボレイションのすべての公演を聴いた。毎回、涙がじわ〜と出た。限りなく深い太古の魂を浴びるようだった。人間の心の底の深い哀しさ、淋しさ、サガ、絞り出す声の魂の響きに心震えた。観客席にも感動を語る人たちがたくさんいた。
彼らの公演を今年やれてよかった、とつくづく思った。


そして、ハラール・ハウゴー・バンドに大貫妙子さんとハンバートハンバートをゲストに迎えたクアトロ公演が昨日、成功裡に終わった。
極めて上質のライブとなった。やっぱりハラールは最高のフィドラーだ。
ハンバートハンバートとの共演はどれが、デンマークの曲でどれがハンバートの曲か見分けがつかないほど、融合していた。ハラール・バンドに佐藤良成さんがフィドルで加わったジグも盛り上がった。
大貫さんの「この道」は絶品。ヴォーカルのヘレーネも加わり、ハラールのフィドルとチェロの音色が優しく懐かしい。もう一度、聴きたいな。是非、レコード化してほしい。