Calendar << November 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Profile
Latest Entry
Recommend
Recommend
Links
Search
Category
Archives
Admin
Mobile

マーティン・フェイとのお別れ

ザ・チーフタンズの創立メンバーのマーティン・フェイが亡くなったという悲しいお知らせに驚きました。日本にもかつて6回ほど来日しましたが、病気の為、2001年以降はツアー参加を休止。今夏にパディとマーティンの話をした時、今春のダブリンでの50周年記念特別公演にもマーティンだけは参加できずとても残念だったと述懐していました。享年76歳。

「彼の思い出と音楽は永遠にチーフタンズと共に生きる。本当に悲しい。彼は62年からこの伝統グループの創立に尽力し、2001年にツアーを休止するまで共に活動した。彼はまじめな顔をしつつ、僕たちをジョークで笑い転げさせてくれた。実に素晴しい演奏家で、例えば、スタンリー・キューブリックの映画「バリー・リンドン」のテーマ曲でも最初のフィドルがマーティンなんだ。魔法のような音楽を僕たちみなに残してくれた。」(パディ・モローニ/チーフタンズ)

愛すべき優しい人柄で、お茶目で、プランクトンのスタッフにも大人気でした。
アンコール前にステージを下りて、そのままホテルに帰ってしまったマーティン。
御馳走すると言って私たち日本のスタッフをバーに連れてってくれたマーティン、でも、高すぎて払えなかったね(笑)。
ステージで一生懸命演奏してる5人のメンバーのよこで、ひとりウトウト居眠りしていたマーティン。
マーティンが舞台で何をしているか、ついつい気になってしょうがない。目が釘付けになったものです。
鋭く良い音楽を指摘し、矢野顕子さんとも大の仲良しでした。

今、マーティン・フェイがいた頃、デレク・ベルがいた頃の、黄金のキャラクター6人のチーフタンズがたまらなく懐かしいです。
マーティン、大好きでした。ありがとう。
もうすぐ来日するチーフタンズ!
50周年を経て、更に新しい頁に。また、あらたな沢山の思い出を残してくれる事でしょう。